夜想曲の続き

感受性をそのままに。

本望と目標

あけましておめでとうございます!

昨年からこのブログを読んでくださる方々へ、まずはご挨拶を。

いつもありがとうございます!

どうぞ本年も、よろしくお願い致します。

 

昨年の3月に美大を卒業してから、

二度、職を変えて在宅ワークもやってみました。

しかし現在は無職・もちろん無収入。

 

奨学金は返さなければならないし、

パートナーに負担と不安を感じさせたくはない。

だけど、すっかり自己保身に陥っています。

「怖くてやりたくない」とか、「このままがいい」とか、

泣き言を述べて周囲を困らせてしまう。

今の私はそんな生き物です。

 

私が自立しないから、代わりに誰かが私を支えてくれている。

 

その誰かだって自分のことが大切なのに、

私は私のことだけ考えて、したくないことを押し付けて、

誰かの足を引っ張っているのかもしれない。

 

そう考えると、自分がしっかりしなくてはと焦ります。

そう考えなくたって、生きていけないから焦ります。

 

けれど焦ってはいけないのです。

 

一度焦りから情緒不安定のまま、

アルバイトの面接を受け(しかも採用され)ましたが、

働く前日になって涙が止まらず、そのまま辞退を申し出ました。

 

自分に心底、がっかりしました。

どうして自分の事なのに制御したり把握したり出来ないのか

困ってしまって、今もすーっと消えてしまいたいと思ってしまう。

 

しかし、それはいけない。

最もいけない。自分を信じてあげない人は救われない。

自分は駄目だと思っては駄目。

駄目なことも含めて、ちゃんと認めてあげて欲しいのだと、

現実でぼろぼろ泣き戻す自分に言い聞かせてあげています。

 

そんなわけで、

2017年の私の目標は「定期的な収入を得る」こと。

そして本望は「可愛くなる努力をする」ことでございます。

 

収入面は当たり前ですかね。

お金があれば幸せとは言わないけれど、

お金があって叶う幸せだって堪能したいと思う。

 

不安や欲望でモヨモヨとした気持ちに整理をつけながら、

お仕事を探していきます。

 

 

それはそうと、可愛くなりたいんです!

 

一度目の職場で30代後半の女性の社員さんから、

「若い癖にファッションや化粧に興味が無いなんて、

 女を捨てているし、女として終わっている」と言われました。

 

確かに接客業、そうでなくても見た目の印象は大事です。

しかし、なんたる荒っぽい物言いでしょうか。

 

そんなことを言われたのは衝撃的でした。

若さに嫉妬してるのかしらああああ??と腹も立ちました。

 

考えてみましたが、きっと心がけの問題なのです。

 

ファッションに興味がないというか、

「自分を魅力的に見せることに興味がない」ということは

自分に対してのリスペクト(?)が足りないのかな、と。

 

これはいけない。

私は自信を持って生きていきたい。

その上で「私は可愛い」という自信が欲しい。

 

私は自己陶酔がしたい。自信を持ちたい。

自分を認めたいし認めてもらいたい。自分を愛したい。

 

可愛くなりたい。肉体的にも精神的にも。

余分な皮下・内臓脂肪を落として、

引き締まっていつまでも健康な肉体を保ちたい。

 

努力するのが何より苦手で、物の見事に三日坊主。

そんな自分を認めつつも、やっぱり理想の自分になりたい!

 

自己研磨の一年にできるよう、何かを見い出していけるよう、

努力することを継続して参ります。

 

それでは長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

皆様にとって、幸多き年になりますように!