夜想曲の続き

感受性をそのままに。うつ状態からの、じたばた中。

ディズニーシー、来る。

深夜バスに揺られて朝7時。 やって来ました、東京ディズニーランド! そしてすぐさまモノレールに乗ってお隣へ。

東京ディズニーシーへ!いざ! チケット片手に握り締め、アーチ前で待機します。その間、その辺に止まってこちらを見下ろしてくる小鳥さえも、ディズニーシーのキャストなんじゃないかと思ったり。

「双子・お揃い」「ミッキー・ミニーカラー」「ディズニーキャラクター帽子・カチューシャ」でばっちりコーディネート決めまくった学生やカップルには、パークから何かそういう怪電波が出てるのではないかと話してみたりして。

満を持して、入場!!! わーい!綺麗な街並み!海! 一斉に走るルーズソックスの女の子達。 走らないでね、と微笑むキャストの方々。 開店したばかりのショップで、両手にパペットをつけながら物憂げに手を振るキャストの方。

マスタード色の衣装を纏うキャストさんがとっても好き。あとキャストさんて誰でもパンフレット持ってるのね。そういう小さなことってなかなか嬉しい。

「パンフレットってどこに…」

「はい、こちらにございます。どうぞ!」

「(´ワ`*)」

〜〜〜

さあ、どこから回ろう??

入ってすぐに路上で始まった、ミッキー・ミニーの小さなショーを横目に見つつ。 素直にメディテレーニアンハーバーから時計回りにぐるぅっと巡ろう。

ヴェネツィアン・ゴンドラ】 早速、ゴンドラに乗って水上の旅へ。 幼稚園児の皆々様がどんどん運ばれていきます。 いってらっしゃーい!

そんなこんなで私達の番。 ゴンドラを進めてくれるお兄さんキャスト、「ユッキーニ(野菜ではない)」さんと、解説してくれるおじさんキャストの高らかな声を聞きながら、ゆーるりディズニーシー観光へ。 ミステリアスアイランドの火山が噴火して、良い写真も撮れた模様。あの火山は、たまにしか噴火しないそうです。ラッキーだったね!

【トランジットスチーマーライン】 何やらおじいちゃん音声が、景色の案内をしてくれます。水上を進みます。マーメイドラグーンの側面や、橋の下(裏側)のつくりがよーく見えます。落下した飛行機とかね。 シー建造物の構造を知るのが好きって方にもおすすめの乗り物でした!

【海底2万マイル】 めっちゃ面白かったです。 うっかり2回乗りました。小型潜水艦に乗り込んで海底調査をする、という内容なのですが、本当に水の中に潜ったようなギミックとか、サーチライトを動かせたりとか…船長の声もなかなか格好良くて、素敵で。ぜひまた乗りたいです。

【シンドバッドの大冒険】 壮大なお話の森。 心のコンパスに従えば、いつの日か必ずたどり着けるそうです。人生は冒険だそうです。 地図はなーいけーれーどー!(高らかに)

面白かったです。がたがた動くのとか。 コンピュータ制御で、生きてるみたいに動くロボットを「オーディオアニマトロニクス」というそうです。それがふんだんに配置されたアトラクション。子供が出来たりしたら連れて来たいかも。

【アリエルのプレイグラウンド】 ザ・キッズ広場! ちょっと暗くて、海底のムードが漂う空間でした。カーペットのような床にはヒトデや巻貝があり、綱で出来た吊り橋があちこち架けられたアスレチックな遊び場です。 洞窟のような穴を進むと、透明な窓からアースラ が出てきたり…雷鳴と共にサメの影が映ったり… ちょっとビックリするような演出もありつつ、ウロウロするのが楽しい場所でした。

【ストームライダー】 体験型!シアター!アトラクション!! アトラクションの世界観を説明してくれるキャストのお姉さんから、かなりのプロ魂を感じました。歌のお姉さんみたいな、ハキハキ明るく物怖じしない精神、ぜひ見習いたいです! もうすぐこのアトラクションは閉鎖してしまうんだとか。でも、ポートディスカバリーの目玉アトラクションはこのストームライダーなのに…

映像と連動した椅子、雨のかかる演出、大きな音と欧米ならではの台詞回し。 結構揺れるし、スリリングなので、小さい子供はびっくりしちゃうかも。こわいかも。 搭乗直後は、もう、私も「びぇえ〜〜……」って感じでした。でも今回乗ったアトラクションの中では一番印象的で、もう無くなっちゃうなんて寂しいです…あんなに面白いのに。なくなるのやだなぁ…

〜〜〜〜 どのアトラクションも楽しかった!!

それでは長々と読んでくれた皆様へ。 ありがとうございました!