夜想曲の続き

感受性をそのままに。

本望と目標

あけましておめでとうございます!

昨年からこのブログを読んでくださる方々へ、まずはご挨拶を。

いつもありがとうございます!

どうぞ本年も、よろしくお願い致します。

 

昨年の3月に美大を卒業してから、

二度、職を変えて在宅ワークもやってみました。

しかし現在は無職・もちろん無収入。

 

奨学金は返さなければならないし、

パートナーに負担と不安を感じさせたくはない。

だけど、すっかり自己保身に陥っています。

「怖くてやりたくない」とか、「このままがいい」とか、

泣き言を述べて周囲を困らせてしまう。

今の私はそんな生き物です。

 

私が自立しないから、代わりに誰かが私を支えてくれている。

 

その誰かだって自分のことが大切なのに、

私は私のことだけ考えて、したくないことを押し付けて、

誰かの足を引っ張っているのかもしれない。

 

そう考えると、自分がしっかりしなくてはと焦ります。

そう考えなくたって、生きていけないから焦ります。

 

けれど焦ってはいけないのです。

 

一度焦りから情緒不安定のまま、

アルバイトの面接を受け(しかも採用され)ましたが、

働く前日になって涙が止まらず、そのまま辞退を申し出ました。

 

自分に心底、がっかりしました。

どうして自分の事なのに制御したり把握したり出来ないのか

困ってしまって、今もすーっと消えてしまいたいと思ってしまう。

 

しかし、それはいけない。

最もいけない。自分を信じてあげない人は救われない。

自分は駄目だと思っては駄目。

駄目なことも含めて、ちゃんと認めてあげて欲しいのだと、

現実でぼろぼろ泣き戻す自分に言い聞かせてあげています。

 

そんなわけで、

2017年の私の目標は「定期的な収入を得る」こと。

そして本望は「可愛くなる努力をする」ことでございます。

 

収入面は当たり前ですかね。

お金があれば幸せとは言わないけれど、

お金があって叶う幸せだって堪能したいと思う。

 

不安や欲望でモヨモヨとした気持ちに整理をつけながら、

お仕事を探していきます。

 

 

それはそうと、可愛くなりたいんです!

 

一度目の職場で30代後半の女性の社員さんから、

「若い癖にファッションや化粧に興味が無いなんて、

 女を捨てているし、女として終わっている」と言われました。

 

確かに接客業、そうでなくても見た目の印象は大事です。

しかし、なんたる荒っぽい物言いでしょうか。

 

そんなことを言われたのは衝撃的でした。

若さに嫉妬してるのかしらああああ??と腹も立ちました。

 

考えてみましたが、きっと心がけの問題なのです。

 

ファッションに興味がないというか、

「自分を魅力的に見せることに興味がない」ということは

自分に対してのリスペクト(?)が足りないのかな、と。

 

これはいけない。

私は自信を持って生きていきたい。

その上で「私は可愛い」という自信が欲しい。

 

私は自己陶酔がしたい。自信を持ちたい。

自分を認めたいし認めてもらいたい。自分を愛したい。

 

可愛くなりたい。肉体的にも精神的にも。

余分な皮下・内臓脂肪を落として、

引き締まっていつまでも健康な肉体を保ちたい。

 

努力するのが何より苦手で、物の見事に三日坊主。

そんな自分を認めつつも、やっぱり理想の自分になりたい!

 

自己研磨の一年にできるよう、何かを見い出していけるよう、

努力することを継続して参ります。

 

それでは長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

皆様にとって、幸多き年になりますように!

冬がやってくる頃

お久しぶりです。紬です。

もうすぐ今年も終わりますね。
私的には激動の夏が過ぎました。
今もなお不安を抱えながら、
豊かな自然の中で揺蕩っています。

8月以降のお話しようと思っていたんです。


9月です。
居候先の世帯主に掌を返され、
無愛想な態度はそのままで。
少なからず傷心のまま生活が続きます。

私に出来ることはほとんど無いと思っていました。毎朝決まった時間に起き、食事を摂り、仏壇のお花や花瓶の水を取り替えるのを日課にしていました。

そんなある時、
大学の同期生の友人達が、
遊びに来るのだと聞きました。

あちこちで頑張っているみんなと
半年ぶりに会えるのは嬉しい。

だけど同時に、思いました。

もしも困らせてしまったら?
またすぐに泣いて不愉快にさせてしまったら。

どうしよう、の始まりです。
どんどん悪い事、怖い事が頭をよぎります。

もちろん友人達は、
こんな状態の私に意地悪を言ったり、
批判をしたり、噂をしたりするような方々ではありません。

ただただ、私は自分が傷つくのが怖かった。
ちょっと風が吹いただけでも痛い気がする、
そんな気持ちで、誰かに何か言われるのがとにかく怖かった。

また、怒られるかもしれない。
また、泣いてしまうかもしれない。



結果的に、友人達とは楽しく過ごせました。
庭にテントやタープを張って、プチキャンプ!
手作りのサンドイッチ、お肉と、採れたて新鮮な野菜のバーベキュー。とても楽しかった。

この状態になった経緯を話したら、
こんなアドバイスもくれました。

「心と身体はセットなんだよ」と。

だから、心が落ち込んでいるときは、身体も調子が出ない。
逆に、身体が元気になれば、心もきっとそれに伴って元気になるよ、と。

今はすごく疲れやすいかもしれない。

けれど、少しでも散歩に出かけてみるとか、
アルバイトをしてみるとか、
誰かと会ってお話してみるとか、

そうやって身体を動かすことも大事だよ。

もしかすると、身体が動き出すと心も一緒になって、元のように働きだすかもしれないから。



泣きながら話を聞きました。
その希望に満ちた言葉に感銘を受けました。

いつまでもいつまでも、こんな状態にいたらどうしよう……と、朝からひっそり泣く事もあったので、『きっと大丈夫だよ』と何度も何度も励まされ、少しずつそう思えるようになりました。

この時に会えてよかった、と思いました。


うつ状態、はお医者さん曰く完治したそうです。
10月から私は在宅の仕事を始めました。
これも、社会復帰のためのリハビリのようなつもりで始めましたが、試行錯誤です。

地域にある、若者の社会復帰を支援する施設を利用したりと、少しずつ動き出しています。

泣いてしまうのは変わらず、だけどまた、
がんばろうと思えるようになりました。

本当は、がんばろう、と思わずに
程々に出来たらと思いますが…

少しずつ、です。
ゆっくり焦らず、自分の声に耳を傾けたい。
自分を大事にして、ちゃんと自立したい。
そう思えるようにまで、回復出来ました。

ただいま、私の毎日

お久しぶりです。
ここ最近、パタリと停滞してしまいました。

近況を整理しましょう。


7月末、眼鏡屋を退職しました。
カラカラになった部屋に、
やっと安堵の溜息が溢れます。

隣人の気配に怯える日々は終わり。

もう二度と、毎日息苦しくて、
泣いて、馬鹿にされて、また摩耗するような、
あんな生活には戻らない。



8月
恋人の実家に転がり込みました。
自分の家族は当然反対しましたが、
恋人の家族は温かく歓迎してくれました。
新しい職場(ジャム工場の総務です)で、頑張っていくはずでした。

ダメでした。
うつ状態」になってしまったのです。
涙が止まらず、自分の調子がどんどん狂い、
どうしてどうしてと見えない何かに責め立てられ。

心療内科で診断書と薬をもらい、職場にお休みを貰おうとしたら……まさかのクビ。
たった10日しか働けず、無一文に逆戻り。
しかも私を歓迎してくれたはずの人まで、私の精神状態を知り、態度が急変しました。

トマトが怒声と共に宙を舞い、見事にかち割れ、
ぐずぐずになった中身が水溜りに滲みます。



私は弾き出されました。


「ここは保護の施設じゃないんだぞ!!」

そう怒鳴り、叫ばれたその言葉は、なりたくてなったわけじゃない私の存在を否定するには充分でした。生きていけないと思いました。

今迄も、生きていくのがつらいと思うことはたくさんあったけれど、薬を処方されるような事は初めてで、戸惑いが大きかったです。



そんな私ですが、完治しました。
毎日生きていますし、楽しいです。

9月のお話は長いので、また次回に。

お付き合いいただき、
ありがとうございました。

いつか終わる事を知っている


だから、毎日寂しい。
楽しい事も悲しい事も繰り返していく。
だけど必ず終わってしまう。

私達は子供のままではいられない。
若いままではいられない。

身体はいつか動かなくなる。
目や耳が遠くなる。
家族や友達、好きなひと達は、ひとりずついなくなる。ひとり残らずいなくなる。

だから、ダメだって言わないでほしい。
やっちゃいけないこととか、
ひとの目を気にしたりだとか、
そんなことで苦しんだまま明日が来るのは嫌だ。

明日が楽しみだと言えるように暮らしたい。

陽が落ちる

そして、その瞬間は二度と来ない。

美しい一時でした。

すでに引っ越したいと思う、今日この頃です。
会社から一歩ずつ身を引くために、
まずはプライベートの環境を変えるべく家を探しています。



また落ち込み、戻らず、薬を与えられましたが、
あまり調子の良い様な実感はありません。

先日テレビで観た「ハリーポッター」では、思い込みの力で試合を快調に勝ち抜くロン・ウィーズリーが記憶に新しいです。

あんな風になれたらな。


私は本当に目標へ向かっているのでしょうか。
まだまだ遠い、遠くて怖い、
怖いと動けない、ちゃんと出来るはずなのにな。

目標さん。

ご無沙汰しております。
センチメンタル眼鏡屋見習いの紬です。

入社して2回目の研修。
うようよした心も、ささみを裂くみたいに、
びーーーっと筋に沿って裂けていきました。

浮き上がった目標は、
きちんと公に記録してみます。


1.一年間で最低50万円の貯蓄

ひと月4〜50,000円ペースですね。
何に使うか。夢みたいな現実に使うのです。



2.本気でレンズの知識を叩き込む

「仕事を楽しくする方法があるんや」
「ほうほう?」
「そう それはな」

「本気で仕事する!」

「ほんきで…しごとを……!?」


よつばちゃんに負けず劣らず
ドピュアな私だって本気で仕事くらい出来ます。
してみます。とりあえずレンズのいろいろが一番興味あるのでそこから手をつけてみようかと。


3.語彙力を蓄える

敬語・言い回し・表現。
物書きさんに必要かもしれないスキル。
よく周りを聞いて、使って、身につけます。
これは言葉集めから。半年くらい意識してみたい。


ゆっくり、ゆっくり、ゆるく、頑張らない。

がんばれ、に惑わされない。
私は出来そうな時しか頑張らない。

許容範囲を超えない。
自分のラインを知るところから。


それでは、また明日。

おやすみなさい(´ω`*)

雨降りと、気分。

朝から雨が降っていて、とっても冷え込みます。
正直、寒いです。
ホットコーヒーひとつじゃあ、暖まりませんて。
すぐ冷めてしまいました。うう。

雨は割と好きな方なんですが…
寒いとか、暗いとか、気圧が低いとかなってしまうと、やっぱり多少、気は落ちますね。

身体にクるのが、心持ちを落とす一番の原因です。雨が悪いのでは無いのです。

それにしても寒い。末端が冷えます。
アタマもきゅーっとなります。
トリハダも立ちますし、間違ってひん剥かれて揚げられたらどうしようなんて、バカみたいな事考えないと紛れないくらい寒い。


雨でも見頃なので、長い信号待ちの間に一枚。

ただの葉っぱも、雫が乗るだけでなんとなく風情がある気がしてきます。気のおかげです。

風邪ひきそうな予感。
やっぱりそれも、心持ちのせいかな。
そろそろお休みが欲しいな。


明日は晴れだそうです。
ちょっと待ち遠しいですね。

それでは、今日も一日がんばります!