夜想曲の続き

感受性をそのままに。

どんぐりを育ててみる

こんにちは。

もっとスタイリッシュな、もしくはキャッチーなタイトルにしたい!!

と、いつもいつも思うのですが。テーマ性のあるものでもなくそもそも日記であるし、タイトルにはいつも若干首をひねっております。

 

 

さて、この間のお散歩で拾ってきたどんぐりを選定しました。

f:id:hibari430:20171110173740j:plain

つやつやで、心なしか美味しそう

 

水に沈めて、沈んだものを残し、浮いたものを処分しました。

外で拾ったものですから、虫が入っていることがあるそうです。

冷凍庫で一週間凍らせたり、鍋で煮沸しても虫を死滅させることができるそうですが、今回は簡単に水に沈めました。どんぐりに潜む虫は、実の若いうちに内部に卵を産みつけてその中で孵化するのだそう。だから外見ではわからないのだそうです。落ちているどんぐりで穴が開いているものは、中へ虫が入ったのではなく、むしろ出て行ったあとの状態なのだとか。

ということで、中身を食べられている(どんぐりの表面に穴がない)場合、軽いから、水に浮くのだそうです。ふむふむ……

 

f:id:hibari430:20171110173926j:plain

その中でも根が出てきたどんぐりを発見

 

せっかくなので「どんぐり 育て方」で検索。

ペットボトルなどを使う水耕栽培と、鉢植えなどで土に埋める方法が出てきました。うちには鉢植えがないので、ひとまず水耕栽培で様子を見てみよう。

 

余談ですが、過去にアボカドの種をペットボトルで水耕栽培したことがあります。

スーパーマーケットに売ってたアボカドです。20cmくらい伸びて、緑色の葉っぱも生えてつやつやだったんです。でも、冬の寒さに負けて枯れてしまいました…

…でも、でもっ、どんぐりは冬も超えられるはずなので……!!

 

まだ小さいので、ひとまず水を含ませたティッシュに乗せて日光浴をさせてあげています。

f:id:hibari430:20171110175426j:plain

どんぐりの簡易ベッド

 

そうそう、検索かける前までは、どんぐりからぴょろっと出ているそれを「芽」だと思っていました。全然違いました。「根」でした。

だから最初、写真とは逆さまにしていたんです。根が上を向いていたんです。

その日中に気づいたのでよかったのですが、危ない。無知って恐ろしい。

 

うまく行けば、いずれは大きな樹になる植物です。

未だこのどんぐりが一体何の樹の実なのか確信も持てていないけれども。

(たぶん、コナラかなぁ…)

安易にその辺の土地に植えることもできないので、どう責任を持とうかというのが悩みどころ。成長に制限をかけるということであれば、剪定して盆栽として楽しむという手もあるそうで。できれば、どこかの緑化団体へ寄付のように託したい。

やっぱり樹になってほしいから。

 

気ままに拾ってきて身勝手な言い分ではありますが、最終的には、何かの役に立つような行いにつながればいいなあと思います。

 

今度は拾ってきた落ち葉もご紹介したいです。

秋って、とっても楽しいですね。

 

それではまた。朝夕の冷え込みと乾燥にはお気をつけて。

秋晴れが続きまして

お散歩日和で嬉しいです。

風は涼しいですが、日向は暖かい陽気で良いですね。紅葉も綺麗になってきました。山々が彩り豊かで楽しい気持ちになります。

 

すっぱり晴れる秋空の下、どんぐりや葉っぱを集めて歩きました。

f:id:hibari430:20171108231316j:image

 

過去に拾った松ぼっくりと一緒に並べておいています。葉っぱはきちんとティッシュペーパーに挟んで重石を乗せてぺったんこに。恐らく完成するのは秋を過ぎるけれど、オーナメントでも作れたらなあ、と。

かつて作ったリースの土台も掘り出したので、着色してクリスマスに備えるのもいいなあ。なんて。

 

朝夕冷え込むけれど、きちんと起きて太陽を浴びています。

なんやかんや今日で三日目。明日はそろそろ雨模様。無理のない範囲で過ごせたらと思います。

 

 

林檎チップスを焼きました

ほんのりと冬のにおいのする東北某所。

灯油ストーブを引っ張り出し、ベランダに風除けを広げたりする今日この頃です。

 

農園からもらって食べきれずにいた林檎達をどうにかしなくてはと重い腰をあげた話です。ジャムにするにも市販の桃ジャムがまだ残っているしなあ、とぼんやり思いながらネットで何かないかと調べていたら、ドライフルーツにする方法の載ったレシピサイトに行き当たりました。

 

薄くスライスした林檎を、100度に予熱したオーブンでじっくり80分かけてカラカラにしていきます。たまーにオーブンの中をのぞくと、ちりちりと縮んでいく林檎達。

 

すぐに湿気てしまうと聞いて、すぐさま密封瓶に閉じ込めて乾燥剤をポイ!

粗熱がとれてから一枚かじってみると、甘酸っぱくてパリッパリ…!!

またひとつ素敵なレシピ・食べ物を知りました。

 

うちのオーブンの天板にはちょうど林檎半分の量しか乗らないので、林檎一個につき2時間半かかるのがもどかしいところですが…80分のうちに他にどれだけのことが片付くのか、とちょっとしたゲーム感覚で過ごしてみると楽しかったです。

同居人も気に入ったらしく、一度瓶のふたを開けると際限なくぱくぱく食べてしまうのでせっせとスライスしては天板に並べてしばし待つ…の繰り返し。だった最近でした!

 

ガラス瓶に詰まった自家製林檎チップスを見ていると、なんとなく「丁寧な暮らし」をしているかのような気分になれます。

手間はちょっぴりかけてますが、今はやりのインスタグラムに載せたりフェイスブックでアピールしたりするほどのことでもないなあと、でも誰かに「こんなことやったよ!」って言いたくてここに綴っています。

 

ようやくだらだらとしていた日々から、のろのろと這い出せそうな感じです。

若者サポートセンターという、就労支援の施設に頼ろう!と決めて、手続きのために過去にお世話になった別の地域の同じ施設へ、大の苦手な電話をかけたのが先週の話。

電話怖い。かかってくるのもかけるのも嫌。

美容室とか、病院とか、タクシーとか、なんでもいいけど問い合わせの類って電話がほとんどですよね。メールでのお問い合わせが大丈夫って場合、あまりないですよね。(私が知っている限りはほとんどないです)

っていうか問い合わせる必要が出てきたときには、もうメールじゃ遅い場合だったりしますよね。頭ではわかるんですけど、それでも電話って嫌だなって思います。

 

受け答えを他人に評価・監視されるのが嫌なんです。誰もいない、周りに何もない自室で電話をかけるなら、まだ出来ます。でも、職場にかかってきた電話とか、同居人との外出先で唐突にかかってきた電話とか、出られない。とかいって出ざるを得ないんで情けない顔しながら受話器とるんですけど、なんていうか頭真っ白。

受け答え出来てはいるし、どもるとか変なこと口走るとかではないけれど、

とにかく聞き取れない。きちんと聞き取れていない!!!

 

訊き返しても訊き返しても、いざ聞いたことを確認してみると聞き取れていない。

先方が苛立ってくるのがわかる。パニックになる。

つい曖昧にしたまま、訊くべきところを問い返せず電話が終わる。

もちろん掛け直すことになる。出来ない。怖いから。

今しがた解放されたばかりなのに。どうしてこんな目に、なんて思う。

たった2,3分の業務連絡も、予約も、緊張して「上手に出来ない」。

嫌だなあ、と思う。私の耳はおかしいのだろうかなんて落ち込んでみたり。

 

とかなんとか駄々をこねて、必要最低限の電話にも手間取っています。

でも今度ばかりは何が何でもまず電話で予約をしなければならない。

個人的一大ミッションなのです。気を大きく持って臨みます。

 

そういえば、長引いていた風邪が治りました。

とはいえ乾燥する日が続きそうです。

みなさんも水分を大切にお過ごしくださいね。

ラ・フランスのコンポート

台風が来て、北風の冷たさに冬の足音を感じます。

北海道の方では初雪が降ったそうですね??

私は雪国生まれですが、雪が好きです。毎朝の雪寄せも、いい汗かけていい運動になるなあと思う程度には親しみがあります。車の運転はしませんが。

 

農園からいただいたラフランス。

洋梨ってあんまり得意じゃなくって、食べごろも微妙に分からず持て余していたのですが、「C.C.レモンで煮るといいよ」と言われて煮てみました。

皮をむいたラフランス(まだ硬い。生食に向かない)を入れた鍋に、ラフランスがかぶるくらいC.C.レモンを入れてコトコト。30~60分煮てみると、ラフランスコンポートの出来上がり。

 

温かいうちは、なんだかほっくりした栗のような芳しい香りとジューシーな甘みがじゅわりと溢れてきて、美味しい…!!冷たくしても、お茶請けやデザートとして、良い感じ。

 

ジャムやコンポートって作るまではいいけど思ったより消費できなかったりする。

作った後のジャムを何に使うか、どんなものと食べるか、そこまで考えが及ばない時は手間だけかかって更に持て余しちゃう。から、どーしよっかなーってとにかく億劫に思う。でも、これはぺろっと食べ切れました。すごい。

 

もしもラフランスの消費にお困りの方がいたら、ぜひ試してみてくださいね〜

 

みなさん暖かくしてお過ごしくださいね。(私は早速風邪ひきました!!)

そうそう、ラフランスって喉にも良いらしいですよ。

美味しいものがいっぱいの季節ですから、滋養つけて寒さを乗り越えましょー。

それではまた。

 

野菜と娯楽

こんにちは。気温が20度を下回る様になってきましたね!

雨が降ると肌寒さに拍車がかかります。遂に電気ストーブを引っ張り出しました。

 

最近、農園の方から畑からたくさんのお裾分けをいただきます。

大根を葉っぱがついたままで丸々一本いただいたり、丸ナスやピーマン、立派なじゃがいも達。落ちてしまった林檎や梨の実、自家製の梅干しなどなど。「こんなに食べ物貰っちゃっていいんですか〜〜?!」って気持ちです。食べるのも調理するのも好きなので、嬉しいですね。食べ物さえあれば、家賃や光熱費なんかを支払えば生きていけます。ほんっとーに助かります…!!

 

私も畑とかプランターとかで、野菜育てて収穫して、そんな暮らしができるようになりたいなあ。家から出る生ゴミが堆肥になったらいいのになあ。

 

話は変わりますが、10月、私は楽しみにしていたアニメがあります。

魔法使いの嫁」です。おそ松さんの2期も楽しみにしているのですが、「魔法」モノには及びません。漫画はやっと5巻まで揃えましたが、ぼんやりしていると次々出てしまうのでお給料日が待ち遠しいです。この作品は「何でも出来てしまう」という類の魔法ではなくて、摂理や秩序のしっかりとした知識有りきの伝統的な魔法です。ファンタジーではありますが、今も各国では伝わっているであろうジンクスが盛り込まれています。おばあちゃんの知恵袋〜おまじない版〜って感じの印象も受けました。

 

樹々の持つ力や生物や理の知識は、これに限った話ではないけれども膨大なモノで。

魔法の薬の作り方は一般的な料理なんかよりも手間暇かかって仕方ない感じ。

魔法だからなんでもできるわけじゃなくて、劇的な効果を得ようとするならばその過程にそれなりに気力を使うものでとても納得しながら読み進めることが出来ます。

常人には見えないものが見えて辛い幼少期を過ごした主人公の女の子、チセちゃんには、しあわせに生きて欲しいと思います…

 

生まれつきの能力で救われる人もいれば、それに苦しむ人もいますよね。

現実だって、それぞれが生まれつきの特性・個性を持って生まれるのに、それが本人にとって(あるいは社会にとって)上手く機能しない時の苦痛といったら……

 

自分が出来ないから、足りないから、認められない。

感じ過ぎてしまうから、有り余ってしまうから、弾かれる。

 

そーいう、どうしようもないことに苦しめられると、いつだって泣きたくなります。これといった事情や理由もはっきりとわからないまま、ぼんやり気力が削れていくなんてこともあると思います。むしろ何が自分にあって、何が無いのかがきっちり分かったならば、もうちょっとやりようがあったのに、なんて思うこともあったりして。

 

雨が多いせいか、じわじわと磨耗していくかのような自分がいます。

気のせいだって思いたいです。そんな気がするだけだなあって。

でもこれも「そうだよね〜」って「まあそんなこともあるもんね〜」って受け入れた上で、ついででいいから身体も動いてくれると嬉しいんですけどねー。

 

直接会話をせずにいれたらなあなんて思ったりする、この頃です。

どっかでだいぶ参っちゃっているみたいですね。

温かいシチューでも作って、のんびり秋を楽しみましょう。

 

寒さと季節の変わり目、低気圧。

そんな諸々にみなさんも気をつけてお過ごしくださいね。

小国町へおでかけしました

こんにちは。何だかめっきり寒くなりましたね。

「継続してブログを書こう!」と決めて早くも数日すっ飛ばしてしまいました。

ここで落ち込むのが今までの私ですが、継続=連続では無いのです。完璧主義はひとを苦しめます。いいのです適当で。

適度に適切に、出来れば賢く、少なくとも気楽に生きて良いのです。

 なんて言葉を、私は自分に何度も言い聞かせています。この考え方が自然にできるようになったとき、私はまたひとつ成長することができるのかなあと思いながら。

 

10月1日に山形県小国町で「小玉川屋号マーケット」というイベントが開催されました。マタギの郷交流館という施設で小さく行われたこのマーケットでは、ハンドメイド品やちょっと懐かしい雑貨がそそっと並んでいました。

お天気にも恵まれて、暖かい1日でした。楽しかったです。

f:id:hibari430:20171003130440j:plainf:id:hibari430:20171003130220j:plain

 

写真を撮り損ねましたが、ここでは「ワッフルバー」をいただきました。

山胡桃の入ったワッフルが棒に刺さっているおやつです。お好みでチョコソースやキャラメルソースをかけて食べます。練りこまれた胡桃がぽりぽりして美味しい。

食べ物の話ばかりになりますが、昼食はこの場所のすぐ近くにある越後屋というお蕎麦屋さんでいただきました。私は「飯豊うどん」をチョイス。あと、舞茸の天ぷらを友人達と分けっこしました。丼の中には、まるでナルトやカマボコのように、うどん生地をハート形にくり抜いたものが隠れていました。ご主人、なんてお茶目なお方なの…!!

 

山菜やきのこに栗や胡桃、もちろん山形ですからラーメンも。

小国町、美味しいものがいっぱいですね。また遊びに行きたいです!!

桃の調理と微妙な気分

本日は水曜日。一応真ん中ってことで、折り返しですね。オーロラコーヒーさんの珈琲豆をがりがり挽いて始まる朝でした。朝食はブラックコーヒー(マンデリン)と、くるみパンです。体調に気持ちを傾けてみると、どうやらちょっぴり疲れ気味。あまり気分が向上しません。やすみやすみで、行動していこうと思います。

 

今日は林檎作業はおやすみです。

いただいた大量の桃の加工に取り掛かります。と言っても気分がアガらないので、ちょっとしたコンポートを煮詰める程度に留めておきます。

大きな桃4個は丸々冷凍保存してあったものを融かして使います。半解凍で桃の皮がずるーっと剥けて気持ち良いです。一口サイズに切ったら、砂糖とレモン汁をまぶして放置。……というレシピだったのですが、うっかりしていてすぐに水と一緒に煮てしまいました。ほんと、うっかりしてました……

それでも火をつけたからにはぼんやりできません。傍でアクをせっせと掬います。

瓶も煮沸消毒して、桃のコンポート的な何かが完成しました。でも思ったより大量には出来ず、瓶が埋まらないとかいう大失態ですよ!ちょっと考えればわかったはずの分量差で、自分にがっかりです!写真も撮り忘れちゃってまあ…

 

あああ、やっぱり気分がアガらないときに手間暇かけると、なんか、すっごくみみっちい失敗をしてしまって…せっかくの桃なのにーーーー…!!!

 

め、めげない…めげませんともさ…

今日はこれくらいにしておきます。

でも、次は果実酒です!!次こそはきちんと手順を踏みます!

 

それにしても、ごはんをつくるのも億劫になっている自分に驚いています。料理は嫌いじゃないし、献立とか食べたいものをパッと考えたり答えたりできる方なので、こんなに「めんどくさいな〜」ってぼーっとする日も珍しいなあと。

 

外食したいけど、食べたいものはいっぱいあるけど!とにかくお金は使いたくないしなあ、せっかく貯められそうな機会だからもっと頑張った方が良いんじゃないだろうか、なんて…

 

うー!なにもかも面倒くさい日だー!ゆっくりお風呂はいって休もうかなって考えても、それ自体は魅力的なんだけど、湯船洗ったりお湯溜めるそれだけも億劫に感じる!そんな日もあるよねー。そんな日もあるけど、ちょっと何かに頼るほど余裕もないなあーっ!

 

……んん、今日のところは、もう少し頑張れそうなので、頑張ってみます。

無理しちゃいけないと思うのに、頼るくらいならしんどくても自分でやらなきゃあって思っちゃいます…ううう。ゲームする気力もないのに!

 

今回は惰性たっぷりの文章でお送りしてしまいました。

みなさんも気圧や季節の変わり目、体調には十分ご自愛くださいね。

それではまた明日。気力がもどって来ますよーに!