夜想曲の続き

感受性をそのままに。

野菜と娯楽

こんにちは。気温が20度を下回る様になってきましたね!

雨が降ると肌寒さに拍車がかかります。遂に電気ストーブを引っ張り出しました。

 

最近、農園の方から畑からたくさんのお裾分けをいただきます。

大根を葉っぱがついたままで丸々一本いただいたり、丸ナスやピーマン、立派なじゃがいも達。落ちてしまった林檎や梨の実、自家製の梅干しなどなど。「こんなに食べ物貰っちゃっていいんですか〜〜?!」って気持ちです。食べるのも調理するのも好きなので、嬉しいですね。食べ物さえあれば、家賃や光熱費なんかを支払えば生きていけます。ほんっとーに助かります…!!

 

私も畑とかプランターとかで、野菜育てて収穫して、そんな暮らしができるようになりたいなあ。家から出る生ゴミが堆肥になったらいいのになあ。

 

話は変わりますが、10月、私は楽しみにしていたアニメがあります。

魔法使いの嫁」です。おそ松さんの2期も楽しみにしているのですが、「魔法」モノには及びません。漫画はやっと5巻まで揃えましたが、ぼんやりしていると次々出てしまうのでお給料日が待ち遠しいです。この作品は「何でも出来てしまう」という類の魔法ではなくて、摂理や秩序のしっかりとした知識有りきの伝統的な魔法です。ファンタジーではありますが、今も各国では伝わっているであろうジンクスが盛り込まれています。おばあちゃんの知恵袋〜おまじない版〜って感じの印象も受けました。

 

樹々の持つ力や生物や理の知識は、これに限った話ではないけれども膨大なモノで。

魔法の薬の作り方は一般的な料理なんかよりも手間暇かかって仕方ない感じ。

魔法だからなんでもできるわけじゃなくて、劇的な効果を得ようとするならばその過程にそれなりに気力を使うものでとても納得しながら読み進めることが出来ます。

常人には見えないものが見えて辛い幼少期を過ごした主人公の女の子、チセちゃんには、しあわせに生きて欲しいと思います…

 

生まれつきの能力で救われる人もいれば、それに苦しむ人もいますよね。

現実だって、それぞれが生まれつきの特性・個性を持って生まれるのに、それが本人にとって(あるいは社会にとって)上手く機能しない時の苦痛といったら……

 

自分が出来ないから、足りないから、認められない。

感じ過ぎてしまうから、有り余ってしまうから、弾かれる。

 

そーいう、どうしようもないことに苦しめられると、いつだって泣きたくなります。これといった事情や理由もはっきりとわからないまま、ぼんやり気力が削れていくなんてこともあると思います。むしろ何が自分にあって、何が無いのかがきっちり分かったならば、もうちょっとやりようがあったのに、なんて思うこともあったりして。

 

雨が多いせいか、じわじわと磨耗していくかのような自分がいます。

気のせいだって思いたいです。そんな気がするだけだなあって。

でもこれも「そうだよね〜」って「まあそんなこともあるもんね〜」って受け入れた上で、ついででいいから身体も動いてくれると嬉しいんですけどねー。

 

直接会話をせずにいれたらなあなんて思ったりする、この頃です。

どっかでだいぶ参っちゃっているみたいですね。

温かいシチューでも作って、のんびり秋を楽しみましょう。

 

寒さと季節の変わり目、低気圧。

そんな諸々にみなさんも気をつけてお過ごしくださいね。

小国町へおでかけしました

こんにちは。何だかめっきり寒くなりましたね。

「継続してブログを書こう!」と決めて早くも数日すっ飛ばしてしまいました。

ここで落ち込むのが今までの私ですが、継続=連続では無いのです。完璧主義はひとを苦しめます。いいのです適当で。

適度に適切に、出来れば賢く、少なくとも気楽に生きて良いのです。

 なんて言葉を、私は自分に何度も言い聞かせています。この考え方が自然にできるようになったとき、私はまたひとつ成長することができるのかなあと思いながら。

 

10月1日に山形県小国町で「小玉川屋号マーケット」というイベントが開催されました。マタギの郷交流館という施設で小さく行われたこのマーケットでは、ハンドメイド品やちょっと懐かしい雑貨がそそっと並んでいました。

お天気にも恵まれて、暖かい1日でした。楽しかったです。

f:id:hibari430:20171003130440j:plainf:id:hibari430:20171003130220j:plain

 

写真を撮り損ねましたが、ここでは「ワッフルバー」をいただきました。

山胡桃の入ったワッフルが棒に刺さっているおやつです。お好みでチョコソースやキャラメルソースをかけて食べます。練りこまれた胡桃がぽりぽりして美味しい。

食べ物の話ばかりになりますが、昼食はこの場所のすぐ近くにある越後屋というお蕎麦屋さんでいただきました。私は「飯豊うどん」をチョイス。あと、舞茸の天ぷらを友人達と分けっこしました。丼の中には、まるでナルトやカマボコのように、うどん生地をハート形にくり抜いたものが隠れていました。ご主人、なんてお茶目なお方なの…!!

 

山菜やきのこに栗や胡桃、もちろん山形ですからラーメンも。

小国町、美味しいものがいっぱいですね。また遊びに行きたいです!!

桃の調理と微妙な気分

本日は水曜日。一応真ん中ってことで、折り返しですね。オーロラコーヒーさんの珈琲豆をがりがり挽いて始まる朝でした。朝食はブラックコーヒー(マンデリン)と、くるみパンです。体調に気持ちを傾けてみると、どうやらちょっぴり疲れ気味。あまり気分が向上しません。やすみやすみで、行動していこうと思います。

 

今日は林檎作業はおやすみです。

いただいた大量の桃の加工に取り掛かります。と言っても気分がアガらないので、ちょっとしたコンポートを煮詰める程度に留めておきます。

大きな桃4個は丸々冷凍保存してあったものを融かして使います。半解凍で桃の皮がずるーっと剥けて気持ち良いです。一口サイズに切ったら、砂糖とレモン汁をまぶして放置。……というレシピだったのですが、うっかりしていてすぐに水と一緒に煮てしまいました。ほんと、うっかりしてました……

それでも火をつけたからにはぼんやりできません。傍でアクをせっせと掬います。

瓶も煮沸消毒して、桃のコンポート的な何かが完成しました。でも思ったより大量には出来ず、瓶が埋まらないとかいう大失態ですよ!ちょっと考えればわかったはずの分量差で、自分にがっかりです!写真も撮り忘れちゃってまあ…

 

あああ、やっぱり気分がアガらないときに手間暇かけると、なんか、すっごくみみっちい失敗をしてしまって…せっかくの桃なのにーーーー…!!!

 

め、めげない…めげませんともさ…

今日はこれくらいにしておきます。

でも、次は果実酒です!!次こそはきちんと手順を踏みます!

 

それにしても、ごはんをつくるのも億劫になっている自分に驚いています。料理は嫌いじゃないし、献立とか食べたいものをパッと考えたり答えたりできる方なので、こんなに「めんどくさいな〜」ってぼーっとする日も珍しいなあと。

 

外食したいけど、食べたいものはいっぱいあるけど!とにかくお金は使いたくないしなあ、せっかく貯められそうな機会だからもっと頑張った方が良いんじゃないだろうか、なんて…

 

うー!なにもかも面倒くさい日だー!ゆっくりお風呂はいって休もうかなって考えても、それ自体は魅力的なんだけど、湯船洗ったりお湯溜めるそれだけも億劫に感じる!そんな日もあるよねー。そんな日もあるけど、ちょっと何かに頼るほど余裕もないなあーっ!

 

……んん、今日のところは、もう少し頑張れそうなので、頑張ってみます。

無理しちゃいけないと思うのに、頼るくらいならしんどくても自分でやらなきゃあって思っちゃいます…ううう。ゲームする気力もないのに!

 

今回は惰性たっぷりの文章でお送りしてしまいました。

みなさんも気圧や季節の変わり目、体調には十分ご自愛くださいね。

それではまた明日。気力がもどって来ますよーに!

無題

お日様が暖かくて気持ちの良い日でした。
袋いっぱいのピーマンも貰えて嬉しい。
油断して午後の時間を守れなかった事は反省。次に気をつけたらいいのよね。ちょっと心がビクッとしたけど、実はそこまで青褪める事は無いんだよね。気持ちに痛い目見たから、もう大丈夫だね。やったね???

少し疲れちゃったのでまた明日頑張ります。

葉摘作業と、憂い事。

朝夕と冷え込む時期がやってまいりました。

今日から一ヶ月ほど、さくらんぼの時期にお世話になった果樹農園さんのお手伝いです。内容は林檎の葉摘作業(はつみさぎょう、です。可愛い響きですね!)。

お手伝いと言っても、きちんとお給料がいただけるんです。嬉しい…!!

 

葉摘作業というのは、林檎の周りの葉っぱを取り除いて果実にちゃんと太陽の光があたるようにする作業のことらしいです。

 

濃い緑色の葉が生い茂る林檎の森。その中をくぐり抜けて、陽の射し込まない場所を目指して歩きます。暗い場所にひっそりと生っている林檎の周りの葉っぱをぷちぷちしていると、だんだん木漏れ日が広がっていくのがわかります。

落ちた林檎の熟れた甘い香り、緑の青い匂い、自然の只中での「働くこと」はやっぱり自分に適しているのではないかと思います。

 

陽が昇って目覚め、陽が落ちて終わる。

規則的な休息は決して機械的なものではなく、和やかなお喋りとちょっとしたおやつが用意されていました。しっかりと休み、食べて、働いて家へ帰る。またね、と言いながら。ありがとう、と言いながら。泣きそうになります。「幸せだなあ」と。

 

どうして最初からこんな場所で働けなかったのか。心無い人々の言葉に傷つく前に辿り着いていたなら。自力で立てなくなることも、無かったはずなのに。「たられば」は無駄です。でも考えずにはいられない。それぐらい後悔している。何もかも衝撃的だった。もちろん果樹農園の方々だって順風満帆ではなくって、経営の事も家族の事も大変なことはたくさんあるのでしょう。お話を聞く限りでは、よほどの農家でない限り一次産業は厳しくて、保っていけない可能性も充分身近にあるようです。

 

課題は大小問わずどんなところにもあって、自分達にとって大事そうで重要なものから解決していく必要があって、そのためにも私は考える事をやめてはいけないと感じました。北朝鮮からのミサイルとか日本国の借金とか働き盛りの自殺率とか、憂う事なんか束にして捨てても降って湧いてくるくらいあるだろうけれど、そんな壮大なことには手が届かない。

国民の大まかな声は恐らく政治家のみなさんに届いていて、それでも彼らは自分達の良しとした行動をしている(か、せざるを得ない)わけで。その結果が現状なのであれば……もう何と言うか、仕方がなくて。とにかく生き延びるために自分の世話をしなくては、と思うのです。

いざというときのための身体や精神や生きる糧を、死ぬまで保ち続けなければダメなのです。そのために程々に働いて財産と健全を蓄えながら、心身を養って笑っているわけです。誰も彼もが、決して同じ人類に嬲られるために生まれたわけじゃないでしょう。

 

実際その時になったら、たぶん、役に立つのは結局自分の身に残る何かです。

それは五体満足な身体や筋力かもしれないし、知恵かもしれないし、誰かとのネットワークかもしれない。全部自分のため。全部生きるため。殺されるために生きてるわけじゃない。毎日が楽しい反面、どこか怖さを拭えないまま過ごしている。

 

平穏なんてやってこないんじゃないか。

違う、今日みたいな楽しい時間がいつか突然崩れて戻らなくなる事が怖い。

死ぬ事も怖いけれど、それよりみんないなくなるのが怖い。失くならないでほしい。ずっとそこにあってほしい。こういう弱さにしがみついているから、私は不安定からなかなか抜け出せないのかもしれない。

 

心が落ち込んだ時、仕事が始められない時、「今は苦しいかもしれないけれど、楽しいことがきっとこれからもいっぱいあるから」と励ましてくれた人がいました。

それがめちゃくちゃ悲しかったです。

だって既に心底そう信じて生きていたのになあって。

私はその言葉を信じられなくなったのが寂しくて、それは実はまだ信じたいって思っているって事であって、でも痛い思いをしたから怖くて素直に認められない。

認められないことが苦しい。認めたいけれど怖い。

いつになったら癒されるのだろう。ずっとずっと時間がかかるのかなあ。

 

長くなりましたが、嬉しい事も楽しい事も同じぐらいいっぱいあるんですよ。

そちらを書くべきでしたね。ごめんなさい。我儘を誰かに訴えたかったのでした。

 

果樹農園さんから桃をいただきました。

f:id:hibari430:20170925220922j:image

果物全般が好きな私ですが、白桃が一番好き。1日では食べきれない桃をたくさん貰いました。写真には7つだけですが、もっともっといーっぱい貰ったのです!もう時期が過ぎてしまったとばかり思っていたので、めちゃめちゃ嬉しかったです。それに桃って高いんですよね。美味しい桃食べたいけど、どの桃もそれなりのお値段するし傷むのは早いし、なかなか口に出来ない。高級品のイメージが桃にありました。でもカゴでどーんともらえて、あああああああ好きいいいいいいって気持ち。

あらゆる方面に対して好き〜〜!!って言えちゃう。農家さんありがとう、大地と水と桃にありがとう。どこまでもどこまでも感謝と愛の波。

 

こんな感じで、忙しなく悩んで笑ってせっせと今日も生きてます。

なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ。カードキャプターさくらの言葉を思い出してお布団に入ります。お付き合いいただきありがとうございました!それではまた明日!

本日のごはんと、電話。

自転車でお買い物に行ったら迷子になった挙句、

段差の振動で買った卵を割ってしまいました。

…お昼ご飯がちょっと豪華になりました。

 

残暑です。日向はあついくらいで、煎餅布団がこんがり焼けそうです。

心なしか陽も短くなってきましたね。

 

本日のごはんメモ。

・ひき肉とピーマンのそぼろ

刻んだピーマンと合わせてみました。味付けは生姜と塩胡椒、オイスターソース。

余った分は小分けにして冷凍しています。一人ランチで炒り卵を添えても美味しい。

 

・梅マヨおかかのおにぎり

ちょっぴりのめんつゆとマヨネーズで混ぜたおかか。

はちみつ梅も加えてみました。

 

・塩唐揚げ

天ぷら鍋が無い家なので、揚げ焼きです。

今回は鶏胸肉を、にんにく・生姜・醤油・みりんで下味。

がっつり15分くらい揉みしだくと、ジューシーで美味しくなります。

 

・豆腐汁

豚汁の豚肉なし、木綿豆腐マシマシバージョンです。

明日は朝が早いのでおかずスープがてらたっぷり作りました。

 

たまにはカップラーメンとか食べたくなります。カレーメシとか。

ケンタッキーフライドチキンとか…そういう、がつがつしたもの時々無性に食べたくなるのは、何かが不足してるからでしょうか。木の実とか食べたらいいんですかね。今度調べてみます。

 

今日はとある人物とお電話しました。

私は電話がとても苦手です。着信音を聞くだけで号泣。

おかげで出た瞬間から涙声になってしまって、困らせてしまってはいないかとハラハラしています。頭の中を駆け巡るたくさんのとりとめの無い言葉。

ニコニコ動画の右から左に流れるコメントのように、ざーっと後からたくさんの単語が沸いて流れてやってきて、でもそれをすべて口にするわけにはいかない。

取捨選択が下手くそな私は、結局要領も得無いことをべらべらとお話してしまう。

 

私の就労事情についての、ひいては精神についてのお話。

焦らずともいいと周りは言う。焦らなくてはならない原因がある。

その原因を取り除くために焦ってしまう。悪循環。

それに私の思考って、健康な状態の価値観で分別をつけている。

だから自分のこの状態を「甘え」だと思うし、頑張らなくちゃと思うし、失礼・不謹慎なことを承知でそういった認定を受けてサポートしてもらえる(という認識を公的に持つ)人たちが羨ましいとすら思ってしまう。いやなやつだ、本当に。

 

しんどいと喚く割には、同じようにしんどい人の心に寄り添うこともできないような人間性の持ち主なのでは、と自己嫌悪してまた自分を嫌いになっていく。

別にいいのにね。聖人君子になりたいわけでは無いんだけどなあ。

ただこれは一種の刷り込みで「間違えたくない」からこんな矛盾が発生する。

間違いのない人間とはなんだろう。

正しいことをする人間だったら何だって言うんだろう。

 

それでも私は間違いを恐れる。失敗を怖がる。

すべての物事に正解を探している。納得するための理由に飢えている。

凝り固まった気持ちを、いつかはゆるーく融かしていけたらいいなあと思います。

本日のごはんと、目標のような。

ちょっとお出かけしようと外に出ると、ふわ〜っと甘い香りがやってきます。

金木犀の時期ですね!

 

本日のお家ご飯メモ。

・秋鮭と大葉の白ごまおにぎり

ごま油でこんがり焼いた秋鮭をほぐして、刻んだ大葉と白ごまを混ぜたご飯。

昆布だしを混ぜると味がしっかりついて、むしゃむしゃ食べられます。

 

・トマトと木耳の中華スープ

いただきものの、未熟で青くて酸っぱいトマトをことこと煮込みます。

味覇とかでスープの味を整えて片栗粉でとろみ。卵はふんわりぐるぐる。

たらたらっとラー油なんかかければ、酸辣湯風にも!

 

・茄子とピーマンの炒飯

細かく切った茄子とピーマンを炒め合わせて塩胡椒しただけ。

でも、刻んだにんにくとネギはガッと入れました。

 

今日は片付けがはかどりました。ご飯も美味しい。

汗水垂らして働くのは一瞬がいい。お金は少しでも気楽に稼いで生きたい。

生活のためにも、より良く暮らすためにも。

 

寝惚けたことを考えたまま丸一年が経過したのですが、その気持ちは芯を持っていくばかりで変わりそうもない現時点。変わるのを待つのも無理矢理変わるのも嫌なので、このまま出来ることをしていこうと思った次第でした。

 

とにかく何かしよう、何かしよう…と思っているだけではどうしようもないので。

毎日何か書けそうな事を見つけて(何かに取り組んだり、考えたりしたこととか)ブログを更新する事にしてみました。文章を書く練習も兼ねています。

文字を書くのも読むのも好きですが、とはいえ素人ですから、仕事になるほどの習慣も程度も持ち合わせていないと思います。いつか小さな物書きになりたい。

 

せっかく美大に行ったことがあまり活用できない。

自己紹介の時に学校の事を聞かれて答えて、ちょっと話のタネになるかならないかってくらい。…っていうか、私が自信を持っていないことが間違いなく要因になっている…

 

映像を学んだんです。カメラで静止画、有料ソフトウェアで動画、AEや3DCGソフトでコンピュータグラフィックス(CG)、シナリオの書き方に絵コンテの書き方、ロケに行ったりもした。なのに全然活かせてない。学科でもあんまりぐいぐい学ぶような真面目な学生じゃなかった。そーいうのが悔やまれる。

でも始めるのに、気づくのに、遅いなんて事はないらしい。

 

最近、友人の結婚式のスライドショーを依頼されて、ちょっとずつ構想していたら、やはり映像って楽しいなあと思うことも多々あったりして。楽しいけど、仕事には出来ないと思ってしまったんだなあ。なんでだろう。技術不足だと思ってしまったのかも。

講義でプロの作品をたくさん見て、プロの仕事の話を聞いていたら、

いつの間にか「これは自分には無理」って早々に見切りをつけたのです。

でも当時の自分の肩を叩いてやりたい。「そりゃそうだろ?!」って。

なんでプロと学生底辺の自分の技術を比べたりしたんだ。とてもアホだ。

ちゃんちゃらおかしかった。これからは素直に謙虚に努力するって姿勢を時たま思い出そう。まったくもう、もう、なんって恥ずかしいやつなんだ…!!

 

思い上がってしまう、比べてしまう。

悪い癖。でも向上心の礎くらいにはなってもらう。

治そうなんて思わない。気づいた時に自戒しよう、と思うくらいでいこう。

 

今日面白かったキーワードは「野生のカマス」です。

英語を読み書きするよりも会話出来た方がいいって事も。

それから私はきっと障害者ではないし、

かと言って健常者にもちょっっっぴり足りないかもって事。

どうしよう、こんな中途半端で。何になれるだろうか。

 

さくらんぼ農園でお世話になった方からの林檎作業のお誘いがありました。

ご縁、嬉しい。葉っぱ摘み、頑張るぞ。